終了します。

0

    これをもって、ブログを終了しようと思います。

    過去の文章もすべて非公開にいたしました。

    これまで、8年303日、お付き合いしていただいた方へ、お礼申し上げます。

    今後、さまざまな情報は、わたくし自身、心の内で消化させていきます。

    世の中が、本当に、空っぽになってきました。

    何が大切で、何が節度で、何が大義かわからない。

    snsの発達は、良くもあり、悪くもあり、なんだかバカみたいに思えてきましたので、足を洗います。

    取り巻く世界が、取り巻く人間が、あまりにも無知で、二千年の歴史と文化の上に成り立って生きている日本人だと理解してる人たちのなんて少ないことか、きちんとした神話や、文化等に理解を示す者は、皆無に近く、そうしたすべての(それくらいの人たち)がバカみたいに見えてきましたので、

    俺は、個人的に、なにか面白く、楽しくなるように、静かに、日本人としての誇りをかみしめつつ、仕事をこなしていこうと思います。

    空っぽとは、新しいことを、いち早く叫んだり、手を上げたり、または昨日までの自分を離脱する行為なのだと分かりました。空間軸しか持たない者の象徴的比喩として(空っぽ)があるんです。

    時間軸を持つものは、歴史を軸にして空間を構築します。これが、三島由紀夫的暮らし方のひとつです。そして三島由紀夫が憂いた最大のポイントは、歴史認識を持たない日本人に対してのこと。なぜ切腹したのか?それは日本人の象徴として、サムライの規範にのっとり、腹をかっさばいたのです。その規範になる書物は(葉隠れ)という書物で、武士道とは死ぬものと見つけたり。という一節が書かれております。死を覚悟して生きて居れば、何も恥ることもない。懸命に社会に奉公する。というような、簡単に言えばそのような意味です。そこを取り立てて、劇場的にやったのが三島由紀夫なんですね。日本人として日本を愛するという考えです。それには、神話から天皇、歴史、民俗という時間軸の上に、何か新しいモノを構築していくという空間軸を持たせるということ。三島由紀夫が全共闘を否定したのは、当時の学生はその時間軸を捨てていたからです。歴史の上に日本人があるにもかかわらず、その歴史を捨てての革命を叫んでいたからです。三島の精神性は高貴であるから、日本人として誇りに思いながら、神代にまでさかのぼることのできる、歴史のある国土に生まれ。それらを誇りに思い、天皇を中心にした、暴力的改革を叫んでいれば、はたまた三島も納得したであろう。天皇制廃止を叫び、歴史を捨て、我々の学問の独立と新しい価値を叫ぶ、そうした考えには、三島は納得いかなかった。そうした三島の精神を、もう一度考え直してみるのも面白い。

     

    俺は三島が好きである。

    最近になって、より理解できるようになってきた。

    自分が叫んでいたアーボリカルチャーも、それは洋物でしかないこと。

    世の中にはびこってる時事や、出来事も、ただの空間でしかないこと。

    日本には日本のアーボリカルチャーややり方が存在すること。

    そこをより深く掘り起こしていかなくてはいけない。

    時間軸の上に空間軸としての学問でなくてはならないということ。

    空間軸だけのうわごとは、ただのうわごとに過ぎないこと。

    林業もそうした時間軸(日本の歴史、民俗、文化)の上に空間軸(仕事、学問、新しい価値)を構築していかなくてはならない。

    林業にかぎらず、日本の発展は、そうした時間軸を基に考えなくてはならない時期に来ているのだ。

     

    なので俺は俺で、俺らしく楽しく生きていくよ。

    今50歳。なんだかね。ワクワクしてるよ。

    なんか、考え始めることのスタートに立ったみたいだ。

    やっとわかった気がしてる。ま、あと死ぬまで数十年、めいいっぱい頑張ります。

    最近三島の話題が出てきたので、興奮してしまいました。

    では、さようなら。

     

    何かありましたら、直接、ご連絡ください。

     

     

     

     

     

     


    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    PR
    selected entries
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM