<< 師匠も走り出すと言われる師走は、未来に向けての準備運動なのかすでに走り出してるということなのか、どっちだろ? | main | 今年の仕事納めとなりそうです。あとは講習を受けに行くんです。 >>

軽くて持ち運びがいいようにとのことで、小笠原のアカギ伐採で使用された方のご依頼で、さらなる軽量を試みてみた。

0

    となりの町に住む、樹木医の方で、先だって小笠原諸島にアカギという外来種の樹木伐採に出かけていた技瓩らの注文で、山を歩けるくらいのやはり軽いウインチがイイ、とのことで、出来るなら肉抜きしてほしいとのことだった。お客様の要望に近づけれるように努力するのがBJCであります。

    やはりBJCWは、軽さが売り、それと細い樹にも取り付け可能。ですが、これは少し特別仕様です。そして、あらためて、きちんとした格好で、2本同時にロープ操作ができるのもBJCWならではですネ。この機能はBJCの特許取得済です。

    肉抜きの経験がないので、どうなることかと思いながら制作しています。

    俺のお勧めの鉄磨き使用です。

    今年中には完成しますよ。

     

    さて、俺たちも明日から、また神社のイチョウとスギの伐採だ。


     

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.10.22 Sunday
      • -
      • 16:16
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM